カテゴリ:+ Family( 48 )
誕生日
先週はかみさんの誕生日だった。
子供の頃、かみさんの家は貧しかったと言う話はよく聞いていた。
3人兄弟の真ん中で育った彼女は誕生日に
ホールのケーキのろうそくを消した事がないと話していた。
しかしその後、貸し倉庫業などを成功させた祖父のお陰で、
豊かな生活がそこにはあったようだが、小さな子供の頃の想い出は戻せない。
誕生日、普段なら甘いもの好きな彼女が喜ぶのはロブションやアンジェリーナや
パティシェなんとか、などのケーキになるのですが
今日は特別。不二家のホールケーキにろうそくを立てた。w
f0063721_10223342.jpg

[PR]
by canoa | 2012-08-12 10:22 | + Family
雨の散歩
信号待ちの交差点、横に止まっていたのは
最近たまに見かける電気自動車のLeaf。
これからこのクルマ、どんどん増えて行くんでしょう。
f0063721_21311735.jpg

ひとつ用事を済ませ神楽坂界隈を散歩。雨の土曜日は人気も少なく静かです。
f0063721_21312036.jpg

昼、かみさんが好きで何度か行っている
カジュアルなフレンチレストラン、サン・ファソンへ。
前菜、メイン、デザート、すべてがいろいろ選べる。
ボリュームもあるしどれを食べても美味しい。
コーヒーまでついてシンプルなコースの料理が1800円。
この店おすすめです。料理の写真は食べログにたくさん出ていますのでそちらを。

よくいく店には、誰もに理由がある。
レストランならば美味しいはもちろん。
そしてその空間は?というのもひとつの理由。
しかしこのサン・ファソンは小さな店。
こぎれいではあるけれど落ち着く空間という訳ではないんです。
でもここへ行く、もうひとつの理由。
それはウエイターさん、フランスなのでギャルソン?(これは男か…)
f0063721_2131181.jpg

マドモアゼルがとても印象的。w
25,6歳の女の子。料理を持ってきて細かく説明してくれる
そのコトバ使いや立ち振る舞いが本当に魅力的。
出会ったことのない独特の空気感。ソムリエールという仕事になるのか?
不思議なカットのヘアスタイルもなかなかで、
あの雰囲気がいったいどこから生まれてくるのか?
かみさんといつも感心している。
料理と同じぐらいに彼女の言葉が楽しみなお店。
[PR]
by canoa | 2012-06-16 21:29 | + Family
Sofa
10年間犬たちと一緒に座ったソファの革カバーはボロボロだった。
どうしたものかと思ってはみたものの買い替えるにはしのぎないし、
とても愛着のある座り心地。(その資金もないしw…)

シートカバーをエキストラでオーダーできるのかを
Knollさんに電話してみたがあまりに冷たくてびっくり。
そこで、思い立ったようにかみさんがシートカバーを作り始める。

新品の座り心地に生まれ変わったソファでさっそくくつろぐマル。

f0063721_7211093.jpg

[PR]
by canoa | 2012-06-05 22:10 | + Family
Mother's Day
朝一、実家に連絡を入れる。

母は先日行った耳の手術後、
少しずつではあるけれど様態が良くなっていると
電話に出た父の声にも張りがあった。

今日は母の日でしたが
ウチはみんなが風邪をひいていて
会いに行くのは後日にする事を伝える。
f0063721_6131414.jpg

夕食後、かみさんのために息子が選んだ
ケーキをみんなで食べる。
テレビでは、東畑さんの作った
母の日のCMが流れていた。



お金をかけて壮大な撮影をしない時でも
こんな作り方で大切な事は深く伝わってきます。
[PR]
by canoa | 2012-05-14 06:31 | + Family
f0063721_21501490.jpg


6畳間の畳を張り変えた。
かみさんがひとり寝室にして3日目。

「 和室で寝るのはどう? 」と、尋ねてみるとずいぶん快適らしい。

「 ぐっすり眠れるし、いい夢見るのよ。。」

部屋に入ると、い草のいい香りがするし、障子も襖もがんばって張り替えた。
日本人ですからいいに決まっています。
何があってもこの国を心底嫌いになったり出来る人はそうはいない。
日本の伝統には、変えがたい安らぎがある。

「 良かったね〜、どんな夢 ? 」と、尋ねると、

「 今日見たのは、 Paris の夢 」 だそうです。 
[PR]
by canoa | 2012-05-09 21:50 | + Family
Photogenic
f0063721_6582927.jpg

ミシンを直して欲しいと頼まれる。
といっても伸びてしまったベルトの長さを合わせて
調整し、取り替えただけなのですが…。オートバイのチェーンを変える事と似ていた。w
何台もあるミシンのうち、メインで使っているコンピューターを内蔵しているミシンが
エラー表示を出して使えなくなったとのこと。何度リセットしても戻せないらしい。
コンピューターの不具合はたぶん修理というよりそのユニットを
交換しなくてはならないんでしょう。そちらの方は見るにも及ばず。
メーカーに相談する以外はお手上げでしょう。

そこで年代物の足踏みミシン。

なんともフォトジェニックだ。
縫い目もしっかりとしていて、ステッチがキレイなんだそう。
出来上がるモノにも温もりがプラスされるのでは…。
こちらは何か不具合があっても
直せないところなんて無さそうです。
[PR]
by canoa | 2012-04-24 22:15 | + Family
さくら、咲く
f0063721_2259291.jpg

青い空と満開の桜の下の入学式。
息子の受験は学校の先生や塾の講師などの助言もあり
結局3つの学校の受験だった。当初都内の高校へと言う選択肢もあったけれど、
最終的に息子は自分で選んだ学校に合格し、自分で入学を決めた。
(ここはもちろん親が押し付けることじゃない。)
ウチからさらに田舎を走る電車に揺られて1時間。
今日、はじめて僕もその電車で学校へ向かった。
普段都内を急ぎ足で通勤するのとは明らかに違う。
ゆっくり走る電車と時折見えてくる抜けのいい外の景色を眺めているだけで穏やかになる。
この通学が付いてくるのはよかったね。この時間を大事に使ってほしい。

f0063721_22594014.jpg

勉強漬けにされるのは想像できるけれど
本人は遊びたくてしょうがないヤツだから…さてどうなるか。
僕は今までと変わらず遊びを応援してあげたい。
[PR]
by canoa | 2012-04-09 23:00 | + Family
卒業
卒業式シーズン、
街ではこの何日か振袖袴姿の子をちらほら見かける。
先日はウチでも息子の中学校の卒業式に立ち合ってきた。

中学の卒業式は実にオーソドックス、
卒業証書を渡されるひとりひとりを見ながら、しっとりと3年間を振り返る。
小学校の卒業式の時のように泣かせる演出が考えられている訳でもなく淡々と進む。
子供も大きくなると、こんなもんなのかもしれないなと思いながら式を終える。
しかしそれはそれ、あおげば尊しを聴きながら
子供達の卒業と新しい出発を見送る良い式ではありました。

その後、親御さんは子供の教室にという案内で僕たちも教室へ。
子供達が記念写真をとっているところへ合流。
f0063721_23105118.jpg

そこで担任教師から、子供達との最後のホームルームに
親も参加させてくれるという粋なはからいと知る。

子供達一人ずつが担任と副担任の教師に別れの挨拶。
涙をこらえながら、何人かの子は涙を流しながら別れを惜しんでいた。

最後は背の高いどちらかといえばドンくさそうな担任の教師の話。

このホームルームで子供達に何を伝えるべきかを教師はずっと考えていたそうだ。
5分ほどのスピーチの中で、まずは別れることの寂しさ、そしてこの中学校生活の中で
子供達みんなの力を100%ひきだせなかったことを詫びていた。
その後、自分が教師を目指すことになったきっかけについて話し
子供達の将来へのヒントを与えていた。

僕は始めて聞く担任教師の話だったけれど
以前から、かみさんも子供もこの担任を好きだと言っていたのを
5分で感じ取れる素晴らしいスピーチ。
話はペタゴギー(教育学のことらしい)にまで及んで
中学生が理解するにはとても難しいとも思われたけれど、
きっとこの教師はこんなことを理解させるための毎日を
子供達と過ごしてきたのでしょう。

そして、この先どんな問題に直面しようとも
最良の答えは、いつも君たちの中にあるんだよといったことを伝える。

子供達は涙と勇気で目を輝かせていた。
[PR]
by canoa | 2012-03-26 23:18 | + Family
入学試験の朝
入試試験が始まりました。

今時の高校入試には中学1,2年の内申点というのも大事な要素になるらしい。
思えば2年生までサッカーと友達と女の子に明け暮れる日々で勉強をしている姿なんて
ほとんど見なかったので当然のようによくない内申点。
そしてそれが受験の足を引っぱるらしい。

でも、3年生になってから勉強にスイッチすると、
我が息子ながら、僕たち親には想像もつかない集中力で
一生懸命がんばる姿を見せてくれた。
受験に一番大事とされている3年生2学期の内申点には
これ以上はないと思える結果をもらって帰ってきた。
集中して一生懸命やるべきことをやることが大切
というのは何とか身に付けられているみたい。

f0063721_2305137.jpg


しかし、志望する高校にはいれるかどうかなんて運みたいなもの。
受かっても、落ちても、その先には新しい道は間違いなく待っている。
やっぱり若いっていいな(笑)
そこそこいい学校を出ようがそうでなかろうがあまり人生には関係ない。
もちろんその時その時に、一喜一憂はあるだろうけれど
ひとつひとつの結果をポジティブにとらえて
前に進み続けることが出来るようになってほしい。
今朝はそんなことを思い浮かべながら
試験会場に向かう息子に「がんばれよ」とだけ伝えて見送った。
[PR]
by canoa | 2012-01-22 22:59 | + Family
3連休
早朝8:56分、良い天気です。
このまま気持ちのいい天気の3連休が続けばいいのですが。
ちょっと肌寒く息が白くみえるような空気の中で浴びる太陽の光は
なんとも気持ちがいい。

息子は塾の自習室に早々に向かった。
かみさんは美容室にとかいろいろ言って嬉しそうにひとり出掛けていった。
自転車で出発するところを。

f0063721_19302620.jpg



マルとフゥ太と留守番。
何となくこのパターン、最近多い。(笑)

みなさん良い3連休を。
[PR]
by canoa | 2012-01-07 09:44 | + Family



SINGLE DUCATI DIARY
by canoa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
Sailcloth
at 2013-01-16 17:46
新年
at 2013-01-05 18:29
ラストスパート
at 2012-12-11 07:58
Single Ducati ..
at 2012-11-04 21:50
2CV
at 2012-10-10 16:23
江戸城跡
at 2012-10-09 23:46
FaceBook
at 2012-10-04 18:36
蘇る
at 2012-09-28 09:10
Salad Niçoise
at 2012-09-24 22:40
宣言 !
at 2012-09-22 23:37
カテゴリ
全体
+ Motorcycles
+ Dog
+ Photo
+ Profile
+ Family
+ a Day
+ Job
+ Movie
+ View
+ Book
+ Plants
+ Car
+ Cat
+ Synchronicity
+ Portrait
+ Arts
+ Music
+ Food
+ Fishing
+ Sports
+ Mac
+ Fashion
以前の記事
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
検索
ブログジャンル
画像一覧